チャイルドケア

妊娠・育児中の社員が負担なく働けるようサポートしています。チャイルドケアに関する具体的な制度を社員がもっと活用できるよう、社員の働き方や具体的なキャリアパスを相談しやすいようダイバーシティ推進にも取り組んでいます。

産前・産後休暇

出産予定日に合わせて、産前産後の休暇が取得可能です。安心して赤ちゃんを出産できるようサポートします。

育児休暇

子育てをしながら無理なく働き続けることができるよう、女性だけでなく、男性の育児休暇取得も推進しています。

短時間勤務

こどもの保育時間に合わせてお迎えに行けるよう短時間勤務での復帰も可能です。

シフト勤務

育児の諸事情により、所定勤務時間をずらしたシフト勤務も対応しています。
※条件等あり、応相談

時間単位有給

1時間単位からの有給取得が可能な時間単位有給が取得できます。(年間5日間まで取得可)子供の通院付き添い、送迎などちょっとした用事に柔軟に対応できます。

ダイバーシティ推進

ダイバーシティ委員を中心に社員同士がお互いの働き方や社内制度を共有する活動にも力を入れています。​社員の働き方、キャリアパスは対象社員の上長と連携し、社員がより具体的なキャリアパスを描けるよう検討します。

​社員インタビュー

入社9年目

正社員 女性(30歳)

家族構成
夫・息子(6歳)
所属
戦略事業統括部

利用した福利厚生制度

産前産後休暇
自身の出産のため
育児休暇(1年)
子の養育のため産後休暇終了後より
子が1歳になるまで
時短勤務(3歳まで)
子の養育のため復帰後は
子が3歳になるまで

結婚・出産・育児をのライフイベントを仕事と両立するため、会社制度を使い仕事環境を整えてキャリアを築いている女性社員に、当時の出来事や思い、これからどのように働いていきたいかをインタビューしました。

福利厚生制度利用にあたって、不安などがありましたか?

時短勤務中は、会社に対して申し訳ない気持ちと早く子供を安心させたい気持ちの中、期日までに作業を終えられるのか・急な保育園からの呼び出しはないか、不安の日々でした。子供が熱を出した際に、「早く帰ってやれ」と言っていただけたことで、すごく気持ちが楽になり、今も励みになっています。

家庭と仕事を両立する上で大切だと思うことは何ですか?

時間のやりくりです。

仕事・家事・育児、それぞれ割ける時間が短くなってしまう中、いかに効率の良い作業方法を見つけ出せるかが大切だと思います。「時間が足りないので、出来ませんでした」は言い訳にもなりません。

今後どのような働き方を考えて(望んで)いますか?

今までは、周りの方々に多大なるお力添えいただいた中で、少し家庭寄りの両立になっていたと思います。これからは、今まで以上に仕事に力を入れて、本当の意味での両立ができるようになりたいです。

その他、何かあればお願いします。

何に関してもそうですが、自身の置かれている状況やフォローを当たり前だと思わず、周りへの感謝の気持ちを忘れずにいるようにしています。周りの方々には伝わってないかもしれませんが(笑)

  • Facebook Social Icon

神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル

TEL:045-211-0761 FAX:045-211-0762

© Copyright CentralSystems.Co.,Ltd All right reserved.