ホーム > 採用情報  > 社員インタビュー

社員インタビュー

仕事の効率と結果にはこだわりたい
1_edited.jpg

ITインフラエンジニア

Y.K.(2016年 新卒入社)

2016年、東京工芸大学工学部コンピュータ応用学科を卒業。中学生の頃ITに興味を持ちはじめ、高校時代にはPCを自作した。学生時代は使用用途のないサーバーをいくつも立てたりしており、インフラエンジニアの仕事は天職だと考えている。インフラエンジニアはコミュニケーションスキルを求められる場面が多く、人と関わることが好きな自分には向いている仕事。

入社の決め手

大学の研究室で仮想化をやっていたので、同じ製品を扱っていると聞いてセントラルシステムズに入社しました。ずっと同じ場所で作業するイメージではなかったので、様々な場所に出向いていける可能性があるのもポイントでした。

 

入社してみて感じるのは、社内の雰囲気がとても良いということです。話しやすい先輩や上司が多く、相談もしやすいです。社風を重視して会社選びをしたわけではなかったのですが、結果的にとても働きやすい環境だなと感じています。

私の仕事

主にサーバー基盤の構築、仮想化をやってきました。参画した当初は既存の設計書をもとに試験や調査などを行いました。簡単なところからやらせてもらっていましたが、成果を評価していただき、その後色々と任せてもらうようになりました。

 

データセンターには色んなところにサーバーがあり、無数のランプが光る様子は100万ドルの夜景みたいです。ハブにケーブルがたくさん刺さっているとワクワクします(笑)

 

入社2年目のとき、それまで手動で進めていた作業の自動化を私が中心になって進めたことがありました。業務の効率化は勿論、作業ミスや手間の大幅な削減に貢献することができ手応えを感じましたし、お客様からもとても評価されて嬉しかったのを覚えています。その甲斐あってか、3年目にはチームのサブリーダーに任命されました。

3.jpg

心がけていること

仕事を進めるときは、結果に至るまでの過程をいかに効率化するか、ということを大事にしています。自動化のためのスクリプトを組むなどして作業を効率化する反面、じっくり考えたり、コミュニケーションの時間を十分にとる、といったバランスのとり方も経験を重ねるうちに分かってきました。

 

人から頼みごとをされたとき、何でもイエスで受けずに無理な時はきちんと断る気持ちを持つことも大事にしています。なんでも引き受けて、結果的に遅れが出たりパンクするくらいなら、他の人にお願いするのも必要だと思うようになりました。タスクの片寄りを解消したり、わからないことはすぐに聞ける、日頃からそういった間柄を作ることも大事ですね。今の上司や現場のチームリーダー(お客様先のエンジニアの方)がコミュニケーション力の高い方なので、刺激を受けながら業務に取り組んでいます。

IMG_1146.jpg

今後の目標

お客様の信頼を得ることのできる、現場の中核を担うエンジニアになりたいです。

 

調整が上手くできるとプロジェクトをスムーズに進めることができるので、多方面への声掛けなどの調整力やコミュニケーション力を磨いていきたいです。インフラはチームに分かれての業務。私は今サーバー(基盤)チームに在籍していますが、セキュリティやネットワークなど色々なチームがあり、進めるうちに認識合わせや調整が必要なことが沢山出てきます。ネットワークチームとケーブルの配線箇所の確認をしたり、セキュリティチームとセキュリティソフトのインストールタイミングや設定について調整したり。お客様と直接やり取りをすることもありますし、意思疎通が必要になるシーンがとても多いです。

 

技術的な面では、今までの業務はサーバー寄りのものが多かったのでネットワークの方も更に知識をつけていきたいです。 今はAWSやAzureにも興味があって、幅広くやっていきたいですね。どんな現場・仕事でも結果を出す、マルチに活躍できるエンジニアになっていきたいです。

​他の社員を見る

1_edited.jpg

ITインフラエンジニア

2017年 新卒入社

IMG_8800_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

2018年 中途入社

1_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

2020年 新卒入社