ホーム > 採用情報 >  社員インタビュー

社員インタビュー

「この人がいれば安心」と言われるように
1_edited.jpg

ITインフラエンジニア

T.S.(2017年 新卒入社)

2017年、神奈川工科大学 情報学部情報工学科卒業。インターンシップにも参加し、上流から下流まで携わることができる点が決め手となり、CSCに入社。配属前のプロジェクト説明会で、入社前から興味のあった銀行などの企業の案件にもインフラ面から関わることができることを知り、志望してインフラチームへ配属された。

私の仕事

配属直後はネットワーク系の業務に携わりました。ドキュメント作成から入り、その後実機を想定したネットワーク機器投入を担当しました。ネットワークエンジニアとしては、基盤となる環境を作る作業なので、何をするにも確認する慎重さが必要です。

 

業務知識を増やしていくうちに、サーバ関連の業務にも興味を持ち、上司との1on1ミーティングで相談した結果、サーバ関連業務がメインの今のプロジェクトに異動することになりました。お客様がシステムを利用できるようにサーバのセッティングをする作業をしています。新しい領域ですが、今までの業務で培った経験を活かして取り組んでいます。

今はリモートワークをしていますが、Web会議を繋げたまま作業をしているので、現場で働いているときと同様、先輩が近くにいるように気軽に声をかけることができています。お互いにPC画面を共有して見せ合うことができ、操作も見せやすくなったので、逆に作業がスムーズになりました。

2.HEIC

心がけていること

ひとつひとつ確認し、思い込まないで丁寧に作業することを大事にしています。部分的ではなく広い範囲を意識して考えることで、作業範囲も広がりました。お客様からの要望や課題に対して提案したことが通った時は、やりがいを感じますね。

 

また、任されている作業は計画を立て、期日より前倒しで対応するようにしています。余裕を持つことで、急な依頼にも対応できるようにしています。前倒しの作業には日頃の自己学習が欠かせません。時間を割いて励む必要がありますが、結果的に納期を早めることにつながるので続けています。

3.HEIC

今後の目標

今後の目標はシステム全体を理解できる、インフラのフルスタックエンジニアになることです。直近ではネットワーク、サーバ業務の知識を使ってインフラ基盤関連業務に携わり、技術力を高めていきたいと考えています。

 

どんなエンジニアになっていきたいか、どんな風に成長したいか等、キャリアプランは上司と1on1ミーティングでよく相談しています。ネットワーク系の業務からサーバ関連業務への異動もそうでしたが、普段から関係ができているので自分の希望は伝えやすいです。

 

技術とは「プログラミング言語でコードを書くこと」というイメージを持っていましたが、それだけでなく調整、設計書作成、資料作成などお客様に伝えられる技術も必要であることがわかってきました。コミュニケーション力も磨き、理想とするエンジニアに近づいていきたいです。

他の社員を見る

1_edited.jpg

ITインフラエンジニア

2016年 新卒入社

1_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

2018年 新卒入社

IMG_8800_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

2018年 中途入社