ホーム > 採用情報 >  社員インタビュー

社員インタビュー

技術力と調整力を持つエンジニアへ
1_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

S.M.(2020年 新卒入社)

大学では社会学を専攻し、ゼミでは地域に根付いた人間関係やコミュニティを研究。昔から人と関わることが好きだったため、就職活動を始めた当初は営業職を考えていたが、4年生になり手に職を付けるためスクールでプログラミングを学んだ。最初は難しいと感じることもあったが、ECサイトを一から作ったことで点と点が繋がり、プログラミングの楽しさに気づく。面接を受け、社員と話すうちに風通しの良さに惹かれCSCに入社。

1年目の仕事

外交損害保険システムのメンテナンス、追加機能の開発をしています。1年目はPGの実装と単体テスト、結合テストがメインでした。

 

OJTに入ると現場の空気を肌で感じ、社会人としての自覚が芽生えました。研修中はバグが発生しても都度直していましたが、お客様が運用中に止めて直すことはできません。入念なチェックをしてから成果物として納品する必要があります。そういった研修と実際の業務の違いに気づき、責任感を持って業務に取り組もうと気を引き締めたのを覚えています。

 

開発するシステムの規模の違いも最初に感じたことです。研修で開発したシステムに比べ、規模が大きく機能も膨大だったので、このケースはどれのことを指しているのか、何のためにやるテストなのかを先輩と確認しながら進めていました。工数としてお金も絡んできているので、決められた期間に進め、遅れる場合は根拠・代替案が必要だなと気づきました。

2.jpg

現在の仕事

2年目に入り後輩が出来てからは、指示を受けるだけでなく作業の依頼やタスク管理もするようになりました。マルチタスクをこなしていくため、予定通りに進められないもどかしさを感じることもありますが、遅れが出そうなときには早めにアラートを出すことを意識しています。

 

週一でチームメンバー全員が参加する定例のミーティングがあり、進捗管理や問題点の話し合いなどをしています。業務をこなしていくうちに、大きな案件をチーム一丸となって対応するためには、細かい連携が必要だということを実感しています。現場ではスケジュール管理が細かく、一人の遅れが全体に波及します。逆も然りで、誰かの遅延をフォローするため早めの報告が大事ですね。

3.jpg

今後の目標

将来的には、多くの人と関わる上流工程にもチャレンジしていきたいです。品質を下げず、常に冷静にタスクを進めていき、同時に管理も行う先輩の姿勢を見習いたいです。ミスが少ないチェック方法を参考にしたり、先輩のいるミーティングに参加させてもらったり、機会を見つけて先輩の姿から学ぶようにしています。

 

技術面では要件が細かく難易度の高いプログラミングにも挑戦していきたいですね。技術力と調整力をバランスよく持ち合わせたエンジニアを目指しています。

他の社員を見る

IMG_0090_edited.jpg
1_edited.jpg
1_edited.jpg

WEBアプリケーションエンジニア

2016年 新卒入社

WEBアプリケーションエンジニア

2018年 新卒入社

ITインフラエンジニア

2016年 新卒入社