必須文書をセキュアに一括管理。

情報集約とワークフローのクラウド化により効率的な文書管理を実現。

QLIFICA(クリフィカ)eTMFは、治験や臨床研究に関わる文書情報をオンライン上で取り扱い、文書情報の集約・整理・ワークフロー管理・ファイル保管を実現するためのクラウドサービスです。
DIA TMF Reference Modelなどの分類構成を試験毎に構築し、文書毎のワークフローやユーザ操作権限などにより、正確な文書管理を簡単に実現することができます。

製薬・医療機器メーカー、CRO等の企業や、大学病院等でご利用いただけます。

ノートパソコン
etmf-1.PNG

特長・導入メリット

文書ファイルを
高セキュリティ環境で保管

チームメンバーや関係各所と
セキュアに文書を共有

DIA TMF Reference Model等の
分類構成で管理可能

ER/ES指針に対応した
電子原本管理が可能

レビュー・承認等の
ワークフローを管理

履歴から変更の経緯や
責任所在を明確化

 

画面イメージ

分類構成と検索機能

DIA TMF Reference Modelをはじめとした分類構成を試験単位に適用でき、組織の運用にマッチした分類構成にも設定できます。文書は、分類・作成日・担当者などによる検索やタグを利用した検索も行え、お探しの文書にいつでも簡単にアクセスできます。

モニター
etmf-1.PNG
ノートパソコン
etmf-1.PNG
etmf-1.PNG

文書単位の
版管理とワークフロー

文書は版・権限の他、レビューや確定等のプロセスをワークフローで管理します。
版管理によって、改版前の情報の確保・不用意な編集の防止ができ、確実な文書管理が行えます。
ワークフロー機能は保管場所を登録することで紙運用の文書の管理にもご利用頂けます。

文書のダウンロードと
​操作ログ

保管(アップロード)した文書は個別ダウンロードと一括ダウンロードが​可能です。ユーザは権限を持つ文書のみを操作でき、一括ダウンロードについては特定の権限者のみが実行できるため、適切な操作が行えます。また、システム上での操作は「いつ・誰が・何の操作を・どの文書に」を検索できるようログ管理されており、経緯の把握や情報追跡にご利用いただけます。

モニター
etmf-3.PNG
 

QLIFICAモニタリングとの連携

QLIFICAの連携は業務品質の向上と作業の効率化を導きます。
モニタリング報告書の自動保管

QLIFICAモニタリングで作成したモニタリング報告書は、当システムに自動で格納されるため、保管作業の手間を軽減できます。保管後、eTMFからはモニタリング報告書のダウンロードが可能になります。

チェックリストと
文書の紐づけ

QLIFICAモニタリングで添付した文書はeTMFにも同時に保管され、計画的に文書管理が行えます。
eTMFに保管した文書はQLIFICAモニタリングのチェックリスト項目で添付文書としても扱えます。

 

QLIFICA ストレージ

QLIFICA eTMFのユーザが利用できるストレージ環境を併せてご提供します。
​ユーザ同士のファイル共有だけでなく組織外部とのファイル共有も可能です。

マイフォルダ

プライベートフォルダとして
ファイル保管に
​ご利用いただけます。

共有フォルダ

組織内のeTMFユーザ間で
ファイル共有に
​ご利用いただけます。

グループフォルダ

組織内のeTMFユーザで
予め作成したグループに
ファイルを共有できます

 

機能一覧

 
細いストライプ

オンライン
デモンストレーション

まずは気軽にお試しください
 
 

QLIFICA

お問い合わせ

お申し込み・資料請求・デモンストレーション等、お気軽にお問い合わせください。​担当者からご連絡をさせて頂きます。