ビジネスソリューション

経営環境の変化が比較的ゆっくりした時期(90年代)では、競争力の源泉は 価格優位でした。いかに高機能・高品質の製品を短納期で安く作るかが 経営の課題であり、ローコスト・オペレーションの実現、つまり合理化・効率化を 支援することがITの目的であったといえます。
しかしながら今日の経営環境は大変なスピードで変化する時代となりました。 製品のライフタイムも短く、大量生産・低コストのビジネス・モデルだけでは 競争優位は確保できなくなっています。
現在の環境では、いかに早く市場の変化に対応するか、言い換えればいかに早く 顧客ニーズを捉えることができるかが鍵であるといえます。競争優位の源泉は、 いかに独自のビジネス・システムを確立し他社を差別化できるかになっています。

ソリューション図


このような時代のIT活用は、従来のコストダウン発想ではなく、 「独自の付加価値を生み出せる独自のビジネス・モデル作り」を目的とした 「攻めの経営」を目的としなければなりません。
従って、業務の観点ではなく、「経営」の意思決定にも活用できるITを検討することが 必要です。
ITを導入することで業務を効率化するという従来の発想ではなく、「自社の新しい ビジネス・モデルを作ることにITを活用する」という視点を持つことが必要です。

当社ではマイクロソフトと提携し、Microsoft Office Systemで社内の業務に関するお悩みを解決します。

◆マイクロソフト提携 医療ソリューションのご紹介
マイクロソフトパートナー


◆グローバル・ファーマ・システム株式会社提携臨床試験支援システムのご紹介
臨床試験支援システムのご紹介


TOPへ戻る