インターンシップ

参加者の感想

産業能率大学 情報マネジメント学部 Mさん

 今回、私がインターンシップを志望した理由は、IT業界ではどのような仕事をしているのか3年生になって就職活動が始まる前に知っておきたかったからです。その理由はいまのうちから体験しておき自分自身の将来へのビジョンを明確にしておきたいと感じたからです。
 実際にこのインターンシップを受けてIT業界とは、どのようなことをするところなのか、システム開発とはどういったものなのか、社会人とはどう行動するべきなのかということを学ぶことができて、本当にためになりました。

今回のインターンシップで一番身についた力はやはり、システム開発におけるAccessとVBAについてです。このインターンシップに来るでは、まだ学校でもまともに習っておらず、家で調べて、勉強する程度の知識しかなく、実際インターンシップが始まったばかりの頃は何をしてよいのか全く解からず戸惑ってしまう事が多々ありました。
 そこから少しずつ実際にシステムを作っていき、徐々に知識を深め実際に作れるようになっていきました。大変でしたが、大学のただ言われたことをやるだけのコンピューターの授業とは違う自分が依頼されたものを人のためにつくるという仕事が楽しくて、夜遅くまででも勉強を進めることが出来ました。
 チームでひとつのシステムを開発するということになって、手間取る部分が多々ありました。考え方を統一しないと違う考えのものを作ってしまったり、作り方を一緒にしないと、いざ繋げる時に、動かなくなってしまったりします。ですがチームでひとつのものを作るというのはそれだけではありませんでした。それぞれの得意なことを活かしてシステム開発を進め、自分では気づかない間違いを発見してもらったなど、様々な点で協力して進めることが出来ると学びました。チームでの開発の際はこの経験を活かし、他の人と積極的に協力していきます。

今回のインターンシップではとてもためになる話をたくさん聞かせていただきました。たとえばまだ私には少し先の話ですが、就職活動への心構え。自分の将来の姿を考えておくこと等、就職や将来にについて曖昧だった私の考え方を変えてくれるお話でした。また社会人としてのマナー、心構えを学ばせていただき少しは成長できたかと思います。そういった事以外にも、他ではできない経験をたくさん積ませていただきました。将来私はIT業界に入ることを志望しています。ここで学んだこと、話していただいたこと、経験したことを必ず自分のものにし、IT業界に入れるように頑張っていきます。
 また、毎日とても美味しい昼食を食べさせていただき本当に有難うございました。 これで最後になりますがインターンシップを受けさせていただき、本当に有難うございました。この2週間はとても充実したものでした。就職活動についてお話を聴かせていただいた大西社長、インターンシップ担当の持永さん、指導していただいた西村さん並びにセントラルシステムズの皆様には多くのことを教わり大変感謝しております。今回大西社長に言っていただいたようにこのインターンシップで身に付けた知識と技能を活かして、学年で1番VBAができる、他の人には負けないと言えるくらいに頑張ります。

 

参加者の感想TOPへ戻る